法人化すべきタイミング


おはようございます、


個人事業主の方で、業績が堅調に推移していれば、法人化を検討されることも多いでしょう。


いつ法人化すれば良いですか?と聞かれることも多いのですが、絶対的なラインというものはありません。


世間一般で言われているのは、

①個人の事業所得が500万円を超える

or

②消費税の課税事業者になるタイミングです。

です。


①は所得に掛かる税金や社会保険料の面から、法人化をした方が良いと判断されるタイミングです。


②については、いわゆる消費税の”益税”を取れなくなる時期です。”益税”とは、お客様から消費税をいただくけど、それを国に納付しなくても良いという部分です。


ほとんど原価の掛からないビジネス(会計事務所もそうですが)だと、支払う消費税が無いので、売上に係る消費税分が丸々取り分になります。この益税は大きいです。


消費税の納税義務は2年前(法人だと2期前)の課税売上高が1,000万円を超えると生じます。


個人事業主形態で事業を開始して、最短だと3年目には課税事業者になるので、3年目から法人化を考えられる方もいます。


事業が上手くいったらいったで考えないといけないことも増えますね。

最新記事

すべて表示

兵庫県中小企業事業再開支援補助金

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 標題の補助金が9月末で申請期限を迎えます。 マスクや消毒液などの直接的なコロナ対策費用はもちろんのこと、テレワーク用のPCやイヤホン、Wi-Fiルーターまで補助の対象に含まれます。 個人だと10万円、法人だと20万円が補助されます。 ・個人だと税抜で10万円、法人だと税抜で20万円(税込価格でそれぞれ1

ドコモ口座の被害

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ドコモ口座を使って不正に資金が引き出されていたという事件が起きていますね。 ドコモ口座を開く際の本人確認が甘かったことにより起きた事件のようです。 こういう事件が起きることで、決済の電子化が遅れそうですね。 現時点では、日本全国でたった(と言ってしまえば怒られそうですが)2,000万円の被害です。全体か

権利と義務は一体

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 従業員を雇用保険に加入させていない事業主から「うちでも雇用調整助成金もらえますか?」と聞かれることがあるのですが、雇用保険料を払っていない人には基本的に雇用調整助成金を受給する権利はありません。権利を行使できるのは義務を果たしている人、それくらいは理解していただきたい、、、 ですが、今回コロナの助成制度

報酬・料金

​Fee/Price

報酬・料金.JPG
アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel