top of page
  • 安田 亮

法人版事業承継税制と特例承継計画

おはようございます!代表の安田です。


日本の中小企業が直面する事業承継問題に対処するため、政府は「法人版事業承継税制」と「特例承継計画」を導入しました。この制度は、非上場株式等の事業承継を円滑に行なうための税務上の支援を提供するものです。


<制度の概要>

法人版事業承継税制では、経営承継円滑化法に基づき、特定の条件を満たす事業承継について贈与税および相続税の納税が全額猶予されます。具体的には、中小企業者が承継を行なう場合に、税理士などの専門家によるサポートを受け、都道府県知事の確認を経て特例承継計画を策定する必要があります。


<特例承継計画のポイント>

特例承継計画では、承継後5年間の事業計画や特例後継者の氏名、事業承継の予定時期などが明記されます。この計画は、事業の持続可能性や発展の実現可能性に対する評価が含まれ、承継の実行に向けての重要な道標となります。


<手続きの流れ>

特例承継計画が確認された後、非上場株式等の贈与による承継が行なわれ、必要な税務申告が実施されます。これには、贈与や相続の発生時に特定の期間内での手続きが要求されるため、計画的な対応が求められます。


神戸 税理士 確定申告 顧問契約 会社設立 freee

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page