top of page
  • 安田 亮

減価償却資産の事業供用日

おはようございます!代表の安田です。


減価償却資産を取得後、実際に事業で使用するまでに時間がかかる場合があります。

事業での使用開始日、すなわち「事業供用日」は、減価償却の開始日として重要です。この記事では、事業供用日の決定方法と税務上の影響について詳しく説明します。


<事業供用日とは>

事業供用日とは、減価償却資産をその本来の目的で実際に使用開始した日を指し、これは機械装置などの設備が本来の目的に従って使用されるようになった日です。

例えば、新しい機械を購入し、設置後に試運転を行ない、その後本格的に生産活動に使用を開始した日が事業供用日となります。


<事業供用日の重要性>

減価償却の計算は、事業供用日を基準に開始されます。

事業供用日が適切に設定されていないと、減価償却費が過大に計算されることになり、税務上の誤りが生じる可能性があります。また、中小企業投資促進税制などの税制適用にも事業供用日は影響を与えます。


<事業供用日の設定ミスがもたらす影響>

事業供用日の設定ミスは、過大な減価償却費の計上につながることがあり、それによって法人税の計算に誤りが生じる可能性があります。このような誤りは、後の税務調査で問題とされることがあります。適切な事業供用日の設定は、正確な税務計算と合法的な税額の支払いを確保するために必須です。


<実務上の注意点>

詳細な記録の保持

事業供用日を正確に証明するためには、機械の設置、試運転の完了、生産開始の日付など、関連する全ての活動に関する詳細な記録を保持することが重要です。


税務申告時の検証

事業供用日に関する記録は、税務申告時に減価償却費の正当性を証明するために必要です。これにより、税務調査の際の追加課税リスクを減らすことができます。



神戸 税理士 確定申告 顧問契約 会社設立 freee

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page