源泉徴収の乙欄

更新日:2019年2月28日


こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


今、所用で高松に向かっています。この移動時間にブログ書こうと思ったので、更新遅くなりました。


さて、給与所得者は会社から所得税を源泉徴収されると思いますが、甲欄と乙欄という区分があります。


甲欄として扱われるのは、扶養控除等申告書と呼ばれるものを出している勤務先からの給料です。


逆に、これを出していなければ、乙欄扱いになります。


乙欄になると、ものすごく高い所得税を源泉徴収されます。


今年、2箇所給与の友人の確定申告をしましたが、乙欄扱いの会社から、相当な額の所得税を源泉徴収されており、けっこうな額の所得税が還付されました。


2つの会社を経営してる方などは、片方が乙欄になって、かなりの額を源泉徴収されてると思います。


確定申告したら還付になりますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。