独立時に法人を設立するかどうか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


自分でビジネスを始める際に法人を設立するかどうかで悩まれる方も多いと思います。


最初から法人でビジネスを始めると以下のようなメリットがあります。


・個人事業に比べて信用力がある

・借り入れもしやすい

・社会保険料の節約ができる


逆にデメリットとしては、

・設立手続きがけっこう面倒

・設立にお金が掛かる

・法人税申告を自分でやるのは無理なので税理士費用が嵩む

・毎年住民税均等割が最低でも7万円は掛かる


まずは個人事業から始めた方が無難と言えば無難です。

会社にすると固定の税金が7万円かかりますのでこれがけっこう重いです。


ただ、いきなり会社を設立する方はそれだけ本気なんだなとは感じますので、本気でやっている感は出せます。それゆえ、話を聞いてくれる方も増えるのではないでしょうか。


個人事業で、聞いたこともない屋号が書かれた名刺を出すよりかは信用力が高いと言えます。

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel