申請期限の延長

更新日:2021年2月13日

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


コロナ特例により、申告期限、申請期限が延長されていますが、これは何か一つでも書類を提出すればそこで延長が止まることになります。


本日相談を受けた方で、税務署でe-Taxの利用者識別番号は昨年末頃に取得したが、青色申告の申請書などは出していないという方がおられたので、この場合はどうなるんだろう?と思い、分からなかったため税務署に問い合わせてみました。


結果は、、、原則的に考えればアウトで、e-Taxの利用者識別番号を取得した時点で税務署に行けている=延長すべき理由が無くなっているとみなされるので、その時点で延長は止まり、それ以後は令和2年から青色申告申請書などは出せないということです。


ウェブ上で利用者識別番号取得した場合は、パソコンがe-Taxソフトに対応していない可能性も無いとは言い切れないため、また判断は変わるだろうとのこと。


いずれにせよ税務署長の判断によるため、出してみないと何とも言えないとのことです。


こういった場合、ほとんどアウトになる印象があります。。。

最新記事

すべて表示

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 久々の3連休。早く暖かくなってほしいなと思いつつ、全く仕事に関係ない記事を。 以前に、2021年から薄毛対策を始めたということを書いたことがあると思うのですが、8ヶ月くらい経ってかなり成果も出てきたので詳しく書いてみようと思います。 本格的に対策を始めたのは2021年7月20日くらい。 具体的には、病院

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日で一応、確定申告シーズンが終了となりました! コロナによる個別延長というものはありますが、もともと3/15に照準を合わせてやってきたので、90%以上のお客様は終わっています。 遅い時期に依頼を受けた方や資料の提出が遅い方はもう諦めて4/15ターゲットにします。 かなり長労働時間もしたため、2月上旬と3月の頭