相続・贈与で引き継いだ固定資産の耐用年数

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


とうとうセミが鳴き始めましたね、夏本番といった感じです。


さて、贈与を受けた資産を利用して収益を得る場合、耐用年数の設定に迷うことがあるかもしれません。


「中古資産と同様に考えて、経過年数引いて、更にそこに経過年数の2割足して、、、」とやると間違いです。


相続・贈与で受けた耐用年数は被相続人・贈与者が計算に使っていた取得価額・残存簿価・耐用年数を引き継ぎます。


一般的には中古資産の耐用年数を使うよりも有利になるので、気を付けましょう。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。