知識を増やすためには


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


先週末に受けた消費税法実務能力検定試験という試験ですが、受かってました。

理論は1文字違わず正確に書かないといけないのでそこは難しかったですが、総合問題はベーシックなもので、良い勉強になりました。


税金の知識を増やすためには、やはり色んなパターンの申告をやってみることが大事だなと最近思います。


住宅ローン控除も、買い替えの場合には前の住宅の譲渡損失の繰越控除があるとか、FXの利益は雑所得だけど分離課税で税率は一定だとか、やってみないと頭に入らないことも多いです。


会計の知識も一緒で、実務やったことないと身につかないですよね。連結決算なんて特にそうです。


いくら勉強しても実際にやらないと頭に入りません。頭でっかちの専門家になり、実務上気にすべきポイントには気づくことは出来ません。


独立も一緒なんだと思います。独立のための準備ってあまり意味ないなって思います。

独立したら声掛けてくれる人も増えました。


「いつか独立するからその時は仕事ください」なんて言ってても「覚悟の無い奴だな」と思われて自分の価値を落としていたような気がします。


独立したければ、とりあえず独立するというスタンスで良いと思います。

もしダメで再就職する必要が出ても、人手不足のこの時代、再就職なんていくらでも出来ますから。

最新記事

すべて表示

立命館大学の生徒の約10%が退学を、約25%が休学を検討

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 先日、標題のようなニュースが流れてきました。 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f3dcaf2c5b6634615802f81 小中高が普通に授業を再開しているのに、ほとんどの大学は前期の授業を全てオンラインにすることを早々に決めました。 その影

全経簿記上級試験

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 一昨日ですが、知り合いがこの試験を受けたということで、問題を見てみました。 税理士試験の受験資格の一つにもなっているこの試験。それなりにレベルは高いです。 問題の詳細な記述は忘れましたが、 「ストック・オプションを従業員に付与した時に費用計上する根拠を説明せよ」 というものがあり、 「これって確か、”従業員から

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel