確定申告した方がお得な会社員③


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


確定申告した方がお得な会社員のパターン3つ目で、上場株式の譲渡損失がある方です。


以前の記事にも書きましたが、上場株式の売買取引を、源泉徴収有りの特定口座で行なっている場合、源泉徴収だけで完結し、確定申告はしないことが多いです。


ただし、株式の売買で損失を出した方は確定申告をした方が翌年以降、お得になります。


上場株式の売買で出した損失は3年間繰り越すことができ、翌年以降に発生した利益と相殺することができます。


1年目で10万円の損失を出し、翌年に10万円の利益を出した場合を考えてみます。


1年目に確定申告していない場合、納める税金は、1年目:0で、2年目:2(10万円×20%)となります。


1年目に確定申告していた場合、納める税金は、1年目:0で、2年目:0({10万円-10万円}×20%)となります。


損失を出してしまった方は絶対に確定申告しておいた方が無難です。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。