確定申告の押印廃止へ

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


こんなニュースが流れてきました。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/62822


確定申告書には判子の押印が必要でした。

ですが、実印である必要はなく、認印でOKでした。


これを無くす方針とのことです。


これ自体については非常に賛成ですが、それよりも電子申告の義務化を検討した方が良いんじゃないでしょうか。


現状、電子申告は、自分のマイナンバーについている電子署名をするか、税理士に依頼して税理士が税理士カードで税理士の電子署名を行なう必要があります。


マイナンバーカードの電子証明書がこれまた使いづらい、、、引っ越したら失効しますし。



加えて、税務署の電子化も進めていただきたいです。

毎回、電話と郵送のやり取りで、依頼資料リストなんかは紙で出してきて、それを顧客に送る際にExcelに手打ちしたりしていました。


情報漏洩のリスクを全て国民に押し付けて、生産性を下げている張本人が税務署なので、先ずはそこの改革からやってほしいですね。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば