確定申告の押印廃止へ

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


こんなニュースが流れてきました。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/62822


確定申告書には判子の押印が必要でした。

ですが、実印である必要はなく、認印でOKでした。


これを無くす方針とのことです。


これ自体については非常に賛成ですが、それよりも電子申告の義務化を検討した方が良いんじゃないでしょうか。


現状、電子申告は、自分のマイナンバーについている電子署名をするか、税理士に依頼して税理士が税理士カードで税理士の電子署名を行なう必要があります。


マイナンバーカードの電子証明書がこれまた使いづらい、、、引っ越したら失効しますし。



加えて、税務署の電子化も進めていただきたいです。

毎回、電話と郵送のやり取りで、依頼資料リストなんかは紙で出してきて、それを顧客に送る際にExcelに手打ちしたりしていました。


情報漏洩のリスクを全て国民に押し付けて、生産性を下げている張本人が税務署なので、先ずはそこの改革からやってほしいですね。

最新記事

すべて表示

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 久々の3連休。早く暖かくなってほしいなと思いつつ、全く仕事に関係ない記事を。 以前に、2021年から薄毛対策を始めたということを書いたことがあると思うのですが、8ヶ月くらい経ってかなり成果も出てきたので詳しく書いてみようと思います。 本格的に対策を始めたのは2021年7月20日くらい。 具体的には、病院

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日で一応、確定申告シーズンが終了となりました! コロナによる個別延長というものはありますが、もともと3/15に照準を合わせてやってきたので、90%以上のお客様は終わっています。 遅い時期に依頼を受けた方や資料の提出が遅い方はもう諦めて4/15ターゲットにします。 かなり長労働時間もしたため、2月上旬と3月の頭