社会保険料の決まり方

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


社会保険料は4~6月の給与で決まると言われますが、具体的にはどのような手続きで決まるのでしょうか。

企業には、6月中旬ごろに「被保険者報酬月額算定基礎届」というものが日本年金機構から届きます。 それに、各従業員について4~6月の給与を記載して、7月頭に年金機構に返送します。

それをもとに、年金機構側で標準報酬月額を算定して、9月分の保険料から変更となります。

ですので、4~6月に残業が多い職種の方は、この標準報酬月額が高く算定され、社会保険料が上がってしまいます。

自分で会社を経営している場合は役員報酬をコントロールできますが、普通の会社員の方は労働時間を制御するのはなかなか難しいので受け入れるしかありません。

この「被保険者報酬月額算定基礎届」を毎年7月頭に提出することによって生じる変更を”定時決定”と呼びますが、 期の途中で給料が大幅に変わった場合には届出が必要になり、この場合も社会保険料が変更となります。 これを”随時改定”と呼びます。具体的には、2等級以上の変動がある場合です(詳細は割愛します)。

固定給以外の従業員がいる会社の経営者は注意しておきましょう。

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel