空き店舗が増えてきた気がします

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


商店街を通っていて、空き店舗が増えてきたと感じました。


コロナの影響で売り上げが減少し、家賃を払えなくなって廃業したか、もしくは業態転換を図るための積極的廃業をしたのかは分かりませんが、空き店舗が増えてきているのは事実です。


政府の家賃補助の制度があまりに使いづらいため、要件に該当する方はほとんどいません。


まず、5月以降で単月で売上50%減っていたら普通に廃業しているでしょうし、連続する3ヶ月で累計30%以上売り上げが減っていたら、実質的には、3ヶ月のうち1ヶ月分の売上が吹っ飛んでいるという状況です。


逆にこれをチャンスと捉えている人もいるかもしれません。

店舗型ビジネスをやろうとしていた方は、安い家賃で借りられるチャンスではありますし、物件の購入もありでしょう。資金繰りに窮した不動産会社や大家等がいれば、とにかくキャッシュが欲しいということで、交渉次第でかなりの値引きを引き出せる可能性はあります。


東京では3桁の感染者が見つかっているようですが、緊急事態宣言はまた出されてしまうのでしょうか?もし出されたら日本経済にとっては更なる大打撃になるので避けてほしいところです。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel