給料の手取減少問題

最終更新: 2019年11月21日

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。

年々、会社員の手取金額が減っているという事実はご存知でしょうか?

額面年収700万円の方(40歳以上・妻は専業主婦で15歳以下の子供が2人)を想定すると、

 2002年での手取りは587万円

 2017年での手取りは537万円


何と15年で50万円も減少しています。


何が差となっているかと言いますと、一番大きいのは社会保険料。

厚生年金保険料は年々上がっていき、一応2017年の18.3%で頭打ちということにはなっています。ただ、この高齢化社会ではこの水準では賄いきれず、また料率を上げるのではないでしょうか。


加えて消費税率も3 → 5 → 8 → 10とどんどんアップしています。

これじゃあ多少額面年収が増えたとしても生活は苦しいままです。

この手取減少問題への対策ってどうすればいいんでしょうかね?

正直、会社員である限り対策は無いのかなと思います。


会社員でも、税金の額を減らす方法は少しだけ(iDeCoや生命保険料控除など)ありますが、社会保険料を減らす方法は思いつきません。というかありません。


その分、貯蓄を効果的にする方法を身に着ける必要があるのかなと思います。

あとは、やはり副業して、厚生年金保険料の掛からない事業所得を増やすことですね。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。