”職業に貴賤あり”らしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


持続化給付金の対象から以下の事業者は外されました。


①反社会的勢力が営む事業

②風俗業


①は分かりますが、②は完全に差別じゃないかなと。

別に風俗業の肩を持つわけでは無く、これって純粋に差別です。


自営業としてやっている自分としては、「自分に関係無いからどうでも良い」とは思えなく、「公認会計士や税理士は影響が少ないだろうから持続化給付金の対象から外す」と言われていた可能性もあるわけです。


聞いた話ですが、確かに風俗業の方の納税意識が低いのは事実と思われます。

ですが、確定申告書の提出を求めているので、そもそも申告していない人は給付を受けられませんし、脱税だと最高で過去7年まで遡れるので、そちらを怖がってむしろ申請しないのではないでしょうか。真面目に申告・納税している方は受け取れるようにしてあげてほしいです。


パチンコ屋の名指し攻撃も怖いなと。

別に自分がパチンコするわけでもないし、どっちかと言えばパチンコ反対派ですが、法的拘束力のない”自粛要請”でここまでやるかと。


5月6日で自粛が終わらない可能性が高くなってきました。

「補償無き自粛」で倒産・廃業ラッシュは間違いありません。そろそろ事業者も黙って自粛しているだけでなく、声をあげ始める必要がある気がします。

最新記事

すべて表示

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼