自営業に学歴は必要か


こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


昨日、香川に帰ってきていろいろイベントがあり、ブログ更新が途絶えてしまいましたが、今日からまた続けていくのでよろしくお願いします。


今日の内容は、自営業に学歴は必要か?ということです。


結論から言うと、不要だと思っています。


学歴が無い方でも稼いでいる方は多いですし、高学歴だからといって所得が多いかと言うと、そんなことはありません。


学歴があるかどうかは、単に勉強というものにハマったかどうか、もしくはやらされたかどうかであり、育った環境が大きく左右するものでもあります。だから、ビジネス戦闘力を表しているものではないと思います。


自営業に大事なのって、挑戦を恐れない心だとか、新しいことに挑戦する気持ちとか、そういうものがすごく大事になってくるので、学歴なんてほぼ関係ないです。


まぁ、あって困るものではないと思うので、高学歴だからといってどうこうという話ではありません。


明日、こちらでの仕事を終えてから神戸に帰ります。GW明けたら法人の申告に向けて準備等していきます。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel