自社の確定申告完了&地方税の電子納税やってみた

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


自社の決算日が10月末で、先日10月末までのクレジットカード明細が固まったので本日確定申告書を提出しました。


今回から地方税の電子納税というものをしてみることにしました。


電子納税の仕組みもよく分からないし、手続きもよく分からないしということで避けてきたのですが、納付書を印刷して銀行窓口に持っていくのも面倒なので、思い切って今回からやってみました。


北國銀行さんのYouTube動画が非常に分かりやすく作られていました。

https://www.youtube.com/watch?v=9sJLgOowp9c

https://www.youtube.com/watch?v=5xnpVsHmdOM

https://www.youtube.com/watch?v=YDzupj3qog8&t=1s



まずは口座の登録が必要です。

eLTAX上で銀行口座を登録すると申請用紙が作られるので、それを印刷して銀行印を押して銀行に送ることで登録は完了します。


数日後には本登録が完了します。


これが使えるのは法人県民税、法人市民税、法人事業税、従業員の特別徴収住民税の4つです。


法人県民税、法人市民税、法人事業税は電子申告を使って確定申告を行なうと、その申告データを使って納税することが可能です。


特別徴収住民税は都度金額を入力する必要があるようです。


法人税については以前からクレジットカード納付をしていたので、地方税がPCから納税できるようになると、本当に銀行に行くことが無くなり、自宅や事務所で完結させることができます。


これからお客さんにも順次導入していこうと思います。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば