自社の確定申告完了&地方税の電子納税やってみた

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


自社の決算日が10月末で、先日10月末までのクレジットカード明細が固まったので本日確定申告書を提出しました。


今回から地方税の電子納税というものをしてみることにしました。


電子納税の仕組みもよく分からないし、手続きもよく分からないしということで避けてきたのですが、納付書を印刷して銀行窓口に持っていくのも面倒なので、思い切って今回からやってみました。


北國銀行さんのYouTube動画が非常に分かりやすく作られていました。

https://www.youtube.com/watch?v=9sJLgOowp9c

https://www.youtube.com/watch?v=5xnpVsHmdOM

https://www.youtube.com/watch?v=YDzupj3qog8&t=1s



まずは口座の登録が必要です。

eLTAX上で銀行口座を登録すると申請用紙が作られるので、それを印刷して銀行印を押して銀行に送ることで登録は完了します。


数日後には本登録が完了します。


これが使えるのは法人県民税、法人市民税、法人事業税、従業員の特別徴収住民税の4つです。


法人県民税、法人市民税、法人事業税は電子申告を使って確定申告を行なうと、その申告データを使って納税することが可能です。


特別徴収住民税は都度金額を入力する必要があるようです。


法人税については以前からクレジットカード納付をしていたので、地方税がPCから納税できるようになると、本当に銀行に行くことが無くなり、自宅や事務所で完結させることができます。


これからお客さんにも順次導入していこうと思います。

最新記事

すべて表示

年収1,000万円の手取は20年で80万円も減っていたらしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今年から給与所得控除の減額が行なわれました。 大半の人は影響がありませんが、年収850万円以上の方は増税となります。 皆が憧れる年収1,000万円。ですが、手取りは720万円です。 月平均にすると60万円。 20年前は手取800万円だったようです。 社会保険料の値上げがすごい。。。 年収1,000万円を

12月は持続化給付金の最後のチャンス

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 12月は持続化給付金の最後のチャンスです。 2019年12月に比べて、売上が半減すれば200万円が支給されます。 ここ最近、PCR検査の陽性者数がどんどん増えていっているので、お店を開けていてもほとんどお客さんが来ないことも考えられます。 時短営業を要請されている中、あえて店を開けないという選択肢もありだと思い

Go To除外で何か影響はあるか?

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 Go To トラベルキャンペーンから、札幌市と大阪市が除外されました。 特定のピンポイントだけ除外して何か意味があるのでしょうか? 大阪に遊びに行きたい人は、たとえば吹田市に宿泊して大阪市内に遊びに行くというのは割り引きが適用されるということですよね。 やってる感を出すのだけは早いけど、実効性はほぼ無し

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel