top of page

還付申告は2月16日を待たずに出来ます


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


まずはお知らせ。


マネカツさんで第3弾の記事が出ました。

株主優待投資について書いてみましたので、興味があれば読んでみてください。

https://manekatsu.com/blog/investment/20190107_20964.html


今日は還付申告の話。


税金が返ってくる申告を還付申告と言いますが、会社員の方が行なうような申告はほとんどが還付申告になります。


通常、確定申告は2月16日~3月15日の間に行なうものですが、還付申告は1月1日から出来ることとなっています(実際は、年始は祝日なので1月4日からですが)。


参考:国税庁HP

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/qa/02.htm


e-Taxで電子申告した場合は還付されるタイミングも早いですから、より便利です。

時効は5年ですので、過去の年度でとりっぱぐれがあれば忘れないうちに還付申告しましょう。


税務署は、支払額が足りていなかったら文句言いますが、過払いの場合には何も言ってくれませんので。

最新記事

すべて表示

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。

freee認定アドバイザー4つ星(青).png
焼き立てパン
顧問税理士をお探しの​
個人事業主の方
集中作業
顧問税理士をお探しの​
法人企業の方
確定申告
決算・申告を丸投げしたい申告期限間近の個人・法人の方
freeeロゴ2.GIF
 クラウド会計freeeへの乗換を
検討中の個人・法人の方
サポートデスクに電話
顧問税理士の変更を
検討中の個人・法人の方
ラウンド建物
 連結財務諸表の作成に
​お困りの法人の方
電卓と男性
グループ通算制度の導入を
検討中の法人の方
会計書類
英文財務諸表の作成に
​お困りの法人の方

まずは​お気軽に

お問い合わせください

expert_logo_kaikei.png
bottom of page