top of page
  • 安田 亮

銀行振込手数料のインボイス対応

おはようございます!代表の安田です。


銀行振込手数料に関するインボイス対応は、多くの事業者にとって重要な業務プロセスの一部です。最近の変更により、インボイスの取り扱いが一部変更されています。ここでは、銀行振込手数料のインボイス処理についての主要な変更点を解説します。


インボイス対応の主な変更

インボイスの交付方法:みずほ銀行では、主に郵送またはWEBサービスを通じてインボイスを提供しています。顧客は、郵送または「みずほWEB帳票サービス」を通じて必要な手数料のインボイスを受け取ることができます​​。

特定の手数料に対する対応: ATMや両替機等の手数料は、3万円未満の場合に限り、インボイスの交付義務が免除され、「帳簿のみ保存の特例」が適用されます。これにより、事業者はこれらの小額手数料について簡略化された記録保持方法を利用できます​​。


実務上の注意点

新しい帳票の利用:最新の規制に対応するため、銀行は新しい帳票を導入しています。例えば、みずほ銀行では、インボイス対応として複写式の「手数料受取書」が交付されます。旧帳票はもはやインボイス要件を満たさないため、更新された帳票の使用が推奨されています。



神戸 税理士 確定申告 顧問契約 会社設立 freee

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page