関電役員が受け取った金品

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


数日前からニュースを賑わしている関電役員が福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題。


中には1億円以上の金品を受け取っていた役員もいるそうで。

民間企業とは言え、半官半民のようなビジネスをやっているわけで、人々の目は厳しいでしょう。


さて、この貰った金品は税法上、何に該当するのでしょうか?


元助役個人から渡されたものなら贈与税が掛かるでしょう。

1億円であれば、贈与税の金額は5,100万円。手元に残っているのでしょうかね、、、申告しているかどうかは報道では定かではありませんが、もし申告していなければきちんと納めていただきたいものです。

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み