電通、相変わらずやばいですね、、、

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


電通が社員のうち230人を個人事業主にするとリリースしたようです。


電通の社員であれば絶対に申し込まない方が良いですね。

体裁の良いリストラです。


まず、最初は固定報酬の割合を高めにして、徐々に成果報酬の割合を高めていくとのこと。

外注先として成果報酬をもらうとのことですが、成果なんて何とでもいちゃもん付けられます。


能力の無い方は絶対に会社にしがみついた方が良いです。

社員と外注先では守られる度合いが全然違います。


10年間契約を結ぶなんて言っていますが、雇用契約とは違ってあくまで対等な関係(下請法等の適用はありますが)ですから、いちゃもん付ければ契約はすぐに切られるでしょう。


一番やばいなと思ったのは、競合他社から仕事を受けることを禁止しているらしいということ。これって個人事業主なの?正社員じゃないの?と思います。指揮命令を完全に受けているので、雇用認定されるべきものだと思います。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば