顧問契約は結婚に近い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。

本日は香川へ。

今日は、税務顧問契約は結婚に近いものだと思うというお話。。

顧問契約は一度結ぶとなかなか変えないし、仮に多少嫌になってもそう簡単には変えられません。結婚みたいなものだと言われています。

となると、独立する際に狙うべきは、同じように最近独立開業された方、設立してすぐの法人になります。

婚活も当然ですが、独身しかターゲットになりません。

たまに既に顧問税理士が付いている方からも契約を得られる場合があります。

①今の税理士に不満がある(たとえると離婚)

②顧問税理士が高齢で廃業する予定(たとえると、先立たれるケース)

①はレアケースです。

②については意外に多いです。税理士全体の平均年齢が65歳となっていますので、廃業する税理士は多くいます。

ストック型ビジネスだとこういう観点で営業をするのが良いかもしれません。たとえば保険など。

既に別の保険会社で契約してるのを切り替えるのってなかなか面倒です。

大企業の食堂で昼休みに新卒狙って営業掛けているのはそういうことなんでしょう。

最新記事

すべて表示

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼