顧問税理士はついていたのか?

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


徳井さんの申告漏れ報道での疑問が出ています。そもそも顧問税理士はついていたのか?という点です。


3年間無申告の状態で”顧問税理士”とは言えない気がしますし、流石に税理士が対価を貰っておいて何もしていないというのはなかなか無いんじゃないかと。


この業界の文化で、決算・申告が終わった時に月額顧問報酬の5ヶ月分とかをいただくので、申告をしていないとこの部分は流石に請求しないと思いますし。


税金すら払っていないんだから、仮に顧問契約を結んでいたとしても税理士への顧問報酬も払っていないでしょう。


徳井さんの言っている”顧問税理士”は、毎月面倒を見てくれる一般的な”顧問税理士”ではなく、年1回、決算と申告だけをやってもらっていた税理士なんじゃないですかね。


2015年度までは決算・申告を頼んでいたが、2016年度からは頼まなくなったということなのかなと思います。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。