鳥谷選手への引退勧告に見る個人事業主のリスク

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


鳥谷選手に対して、球団側が引退勧告をしたというニュースが流れています。


推定年俸4~5億円の鳥谷選手ですが、今年はほぼ出番なし。


年俸に見合った活躍が出来ていないというのはおそらく全員同意なのですが、いきなりの引退勧告はおかしいというのが大半の方の意見。


藤浪の扱いもそうですけど、本来のプレー以外の部分でニュースになりますね、阪神は。。。


プロ野球選手は個人事業主なので、契約解除となると従うしかありません。


いいプレーをすれば5億円もらえるが、そうでなければ契約解除のリスクがある。

プロ野球選手以外の個人事業主も多かれ少なかれこういうリスクにさらされているわけです。


正社員だとクビになるリスクは無いですが、その身分保証に対して保証料を払って(=会社に中抜きされて)います。特に有能な人だと、その保証料は相当高いものとなります。


他方、個人事業主だと単価は正社員よりも上がりますが身分保証はありません。

企業側もピンポイントで起用できるという点にメリットを感じ、自社の社員よりも高いコストを支払っています。ですが、仕事ぶりが悪いと契約解除になります。


個人事業主には、既存の契約を繋ぎとめる有能さと、次々に新規案件を受注する貪欲さが必要になります。


どちらが良いのかはその人次第です。家庭の状況などにもよるでしょう。


両方経験した上で「自分は会社員の方が向いている」と思って会社に戻る方もいるかもしれませんが、それはそれで全然良いと思います。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel