10万円給付

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


18歳以下の子供に対して1人当たり10万円給付がほぼ決定したようです。

ただし、所得制限有りとのこと。


子どものいない我が家には全く関係ない話で、最初から興味も無かったのですが、けっこう疑問だらけの給付金ですよね。


まず18歳は大人という扱いに変わっているので、子ども救済の趣旨であれば17歳以下にする必要があります。


また、18歳以下の子どもへの給付とはいえ、結局はその親に配られるわけで、親がギャンブルなんかに使ってしまう可能性も十分あるため、子育てに掛かる費用負担をそもそも無くしたら良いのではと思います。


ましてや、子ども世帯だけでなく、全国民が貧困に困っているわけですから、もう一度、全国民一律10万円給付で良いと思います。


更に言うと、給付金は要らないから消費税率を0%にしてくれたら、全国民がメリットを享受できるので、そっちの方が良いと思います。


とにかく政治家は一度かき集めてばら撒くという非効率が大好きです。

お金をばら撒く人って、もらえる人からすると神様に見えたりするので、選挙対策、利権対策なんでしょうね、、、

最新記事

すべて表示

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 久々の3連休。早く暖かくなってほしいなと思いつつ、全く仕事に関係ない記事を。 以前に、2021年から薄毛対策を始めたということを書いたことがあると思うのですが、8ヶ月くらい経ってかなり成果も出てきたので詳しく書いてみようと思います。 本格的に対策を始めたのは2021年7月20日くらい。 具体的には、病院

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日で一応、確定申告シーズンが終了となりました! コロナによる個別延長というものはありますが、もともと3/15に照準を合わせてやってきたので、90%以上のお客様は終わっています。 遅い時期に依頼を受けた方や資料の提出が遅い方はもう諦めて4/15ターゲットにします。 かなり長労働時間もしたため、2月上旬と3月の頭