12月は持続化給付金の最後のチャンス

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


12月は持続化給付金の最後のチャンスです。

2019年12月に比べて、売上が半減すれば200万円が支給されます。


ここ最近、PCR検査の陽性者数がどんどん増えていっているので、お店を開けていてもほとんどお客さんが来ないことも考えられます。


時短営業を要請されている中、あえて店を開けないという選択肢もありだと思います。


既に持続化給付金の支給を受けている場合はあえて売上を落とす意味はないですが、まだ支給を受けていない場合は、あえて休むことで要件をしっかりと満たすことも十分合理的な判断だと思います。


時短要請が出ている中、あえて休業することは不正受給には該当しないでしょう。

これが不正受給と言われたら本当にやるせないですね、、、


緊急事態宣言の再発令を検討しなければならないと大臣が言い始めましたが、もしもう一回緊急事態宣言が発令されたら、日本経済は本当に焼け野原になるでしょうね。

最新記事

すべて表示

5棟10室基準

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 本日は3日連続でスーツ着てます。こんなのは独立してから初めてかもしれません。 さて、本日朝に不動産所得の申告を希望される方と打ち合わせをしたのですが、昨年は10万円しか青色申告特別控除額を取っていませんでした。 不動産所得の場合、5棟10室基準というのがあり、戸建であれば5棟、区分所有であれば10室以

auでも格安プランが登場

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 auでも2,480円で月20GBのプランが出ました。 docomoの2,980円プランも出て、楽天の優位性が失われてしまった感があります。 楽天はこの後どういう攻めをしてくるのか。気になりますが、ただ、今のままでも楽天モバイルは有りだと思っています。 楽天市場での買い物でのポイントに1%が追加されるの

個人の確定申告の案件は取りやすいが

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 今年に入ってから4件ほど、個人の方の確定申告の案件が決まりました。 非常に嬉しいことなんですが、時期が集中するというデメリットもあります。 個人の確定申告は12月決算で、3月15日が期限となっています。 2ヶ月半でさばききらないといけません。 単発の方でも、年内から小分けにして資料を依頼して、確定申告

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel