12月は持続化給付金の最後のチャンス

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


12月は持続化給付金の最後のチャンスです。

2019年12月に比べて、売上が半減すれば200万円が支給されます。


ここ最近、PCR検査の陽性者数がどんどん増えていっているので、お店を開けていてもほとんどお客さんが来ないことも考えられます。


時短営業を要請されている中、あえて店を開けないという選択肢もありだと思います。


既に持続化給付金の支給を受けている場合はあえて売上を落とす意味はないですが、まだ支給を受けていない場合は、あえて休むことで要件をしっかりと満たすことも十分合理的な判断だと思います。


時短要請が出ている中、あえて休業することは不正受給には該当しないでしょう。

これが不正受給と言われたら本当にやるせないですね、、、


緊急事態宣言の再発令を検討しなければならないと大臣が言い始めましたが、もしもう一回緊急事態宣言が発令されたら、日本経済は本当に焼け野原になるでしょうね。

最新記事

すべて表示

インボイス制度

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 首を寝違えたようで、後ろを振り返るのが痛いです。。。 インボイス制度の適用がどんどん近づいてきています。 それよりも先ずは、来年から自分は課税事業者になるので、原則課税か簡易課税かを選択する必要があるので、事業計画を作成しないといけません。 益税を取るためには簡易課税制度を適用するしかないと思いますが、経費の金

兵庫県、またマンボウかよー

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 兵庫県にまたマンボウが適用されるようです。 本当にいい加減にしてほしいですね。 どのような制限になるかわかりませんが、またお酒の提供禁止とかになるんでしょうか。 そろそろ重症者数と死者数を見て判断してほしいものです。

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立