2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。


住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。

所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。


開業してすぐの確定申告で、事業所得があまりなかったので、何とか控除しきれないかと苦心した記憶があります。10万円未満のものを固定資産に計上したりとか、、、


住民税のチェックって疎かになりがちです。

所得税の計算はかなり綿密にチェックしているのですが、住民税は「市役所が勝手に計算してくれるから」ということで任せっきりの部分があります。


きちんとチェックした方が良さそうですね。

最新記事

すべて表示

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。

大手通信キャリアは戦々恐々ですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日から4連休。特に何もイベントは無いので、いつも通りの休日の過ごし方をします。 さて、菅総理になってから、早速「携帯料金を下げさせる」宣言があり、docomo、au、Softbankの3社は戦々恐々でしょう。 ドコモの株価は、ドコモ口座事件もあり、相当下がっています。 よく「格安スマホ」という言葉が使

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel