30代の戦略

更新日:2019年8月19日

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。

今日は高松のお客様のもとへ、その後実家に帰省します。

30代に突入して既に2年。

周りからは「細かい作業ができなくなった」とか、「徹夜が無理になった」とか、「脂っこいものを食べると胃もたれする」とか、「痩せなくなった」とか、おっさんくさい言葉が聞こえてくる年齢ですけど、

「思考は現実化する」という書籍があるように、気持ちの持ち様で外見などにも影響が出ると思うので、なるべくこういう言葉を発しないようにはしています。

ただ、1つ言えることは、昔ほどの情熱を持って何か1つのことに取り組めなくなっていることは事実です。

昔は世間の仕組みなんかを知らなかったので、「この資格を取れば高収入間違いなし」とか、「この会社に入れば一生安泰」とか、「能力が高ければ必ず出世する」とか、普通に考えていましたけど、実際は全くそんなことなくて、

資格 → 持ってるだけでは意味ない、独立して上手くやることで初めて収入増に繋がる

会社 → 一生安泰の会社なんてこの世にはない

出世 → 人事の8割は運と好き嫌いで決まる

これらを理解すると、何かに盲信して頑張るということがなかなか難しくなります。

絶対的なものがこの世に無いということを認識するわけです。

なので、二十歳くらいのころ盲信して会計士試験の勉強をしていたように何かに取り組むということはなかなか出来なくなってきています。どこか冷めてしまっているというか。

ですが、やはり日々の積み重ねは大事だなと思っていて、小さくても良いから毎日積み重ねることが大事だと思っています。

自分の小さな習慣としては

・朝は毎日6時台には起きる→1度リズムが崩れると気持ちも崩れて仕事のやる気を一気に失いそうなので(自分を律することができないと自営は無理だと思いますので)

・毎日ブログを更新する→何か書かないといけないということで、経済やお金系のニュースに目を通すようになります。友人や知り合いが読んでくれているので話題づくりにもなります。

・売上や経費はタイムリーに記帳して、試算表を毎日見る→自分の今の状況を常に把握して、目標との差分を明確にする

大きなことを一気に成し遂げるのではなく、小さなことからコツコツと積み上げていくスタンスで頑張りたいと思います。

ありきたりな言葉ですが、「継続は力なり」を信じて頑張っていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼

10万円給付

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 18歳以下の子供に対して1人当たり10万円給付がほぼ決定したようです。 ただし、所得制限有りとのこと。 子どものいない我が家には全く関係ない話で、最初から興味も無かったのですが、けっこう疑問だらけの給付金ですよね。 まず18歳は大人という扱いに変わっているので、子ども救済の趣旨であれば17歳以下にする必要があり