300万円で広告宣伝できるのは安いか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


この前の東京都知事選挙で、いわゆる”泡沫候補”と言われている方々が自身の広告宣伝とも受け取れるような政見放送や街頭演説をしていました。


供託金300万円を払い、都内中にポスターを貼ることができ、NHKで10分ほど?の放送を流すことが出来るというのは、”政治”ではなく”営利企業”という観点から考えるとかなり効率の良い広告宣伝になると思います。


300万円で流せるテレビCMを考えてみると、東京のキー局で制作まで外注すると考えると、制作費と3回の放送で300万円ほどに達するようです。


最初にやり始めたのは”マック赤坂氏”だと思うのですが、その後N国党が同じような戦略を取り、この前の選挙では大量に売名目的の候補が出たのではないかと思われます。


法律上認められている権利なので、制限は掛けられないでしょうが、売名するにしてももう少し上手いことやれば良いのにな~と思いますが。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel