32歳になりました


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


今日6月3日が誕生日で、32歳になりました。一般的に見ると若い部類ではないかもしれませんが、業界的にはまだまだ若い部類なので、若手というフレーズはつけたままにしておこうと思います(笑)


この年になって思いますが、昔は30代の人って、もっと大人な感じだと思っていたのですが、案外そうでもないということ。


自分もそうだし、周りを見てもそう思います。10年前よりかは大人になった気がしますが、それでも想像していたよりも大人ではありません。


昔、自分が思っていた大人のイメージが偏っていたのかもしれませんが、毎日スーツ着て会社に行き、責任感や誇りを持って仕事をして、残業も厭わない。そんなのが“大人”のイメージでした。


でも、実際は責任感や誇りを持って仕事している人って実は少なくて、嫌な仕事が降ってくると、屁理屈こねて他人に押し付けたり、仮病まがいの手法を使って逃げる人もいます。


でも、自分も嫌な仕事は嫌ですし、長時間労働も嫌です。

“生活のためなら仕方ない” と割り切れるほど大人にはなっていないということは確実です。


ただ、昔とは時代が変わってきたということもあり、滅私奉公するだけが“大人”ではなくなりましたね。


「やりたくない仕事はやらない、長時間労働は嫌だ」というのも認められる傾向になりましたし、YouTuberのような一見子供っぽい職業の方が稼げているというのも事実です。


32歳になると同時に、開業してから9か月が経過しました。

どんな”大人”を目指すかを含めて、今後の自分の方向性を決める1年だと思って色々とチャレンジしていこうと思います。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel