5棟10室基準

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


本日は3日連続でスーツ着てます。こんなのは独立してから初めてかもしれません。


さて、本日朝に不動産所得の申告を希望される方と打ち合わせをしたのですが、昨年は10万円しか青色申告特別控除額を取っていませんでした。


不動産所得の場合、5棟10室基準というのがあり、戸建であれば5棟、区分所有であれば10室以上の規模であれば事業的規模とみなされ、65万円の控除を取れるようになります。それよりも規模が小さい場合は10万円となります。


その方は70室以上はあるので、明らかに事業的規模に該当します。


なお、戸建と区分所有の両方を持っている場合、区分所有2=戸建1とみなすそうです。


案外この辺の控除の金額を間違えている方は多いのかなと思いました。


2020年の申告を終えたら、更正の請求を検討することにします。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば