70歳までの雇用義務が表明されました


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


昨日のニュースで、


企業の継続雇用「70歳に引き上げ」首相が表明


という見出しが出ました。


次に来るのが、年金の支給開始年齢の70歳までの引き上げでしょう。


自分が年を取るころにはきっと年金なんて支給されないと思って、自分で老後資金を確保しないといけないなと考えています。これからはおそらく年金をあてにしないでも良いだけの貯蓄が必要になってきます。


そして、企業は一度正社員を雇い入れると、どんなに能力が低く、どんなに勤務態度が悪い人間でも70歳まではクビに出来ないとなれば、正社員を雇わなくなり、外注もしくは派遣に取って代わられる気がします。


正社員を雇うのって結婚みたいなもので、クビにするにはそれ相応の理由と面倒な手続きが必要になります(離婚手続きに似ていると言っても良いでしょう)。


自営業には定年がありませんから、末永く仕事を出来るように基盤を築いていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。