損益通算

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


不動産投資を行なった最初の年は、色々な費用がかさみ、不動産所得がマイナスになることが多いです。


不動産所得が赤字になった場合、給与所得と相殺することができます。

その場合、源泉徴収された所得税が返ってきます。



不動産投資を行なった際に諸費用の処理は以下の通りです。


【絶対に不動産の取得価額に含めないといけないもの】

・仲介手数料

・固定資産税精算金


【経費処理でも取得価額に含めるのでも、どちらでも良いもの】

・登記費用(司法書士報酬)

・不動産取得税

・登録免許税

・印紙税(収入印紙代)


当然ですが、費用処理した方が還付額は多くなります。



確定申告業務ですが、サラリーマン大家さんの申告が20件ほど残っています。

還付の方も含め、4月16日までには絶対に終わらせたいです。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel