相続税②


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


相続税の2回目です。


相続税がかかるかどうかの場合の基礎控除額の計算の際に、「法定相続人」という言葉が出てきましたが、具体的にどういった人が法定相続人になるかを説明します。また、合わせて法定相続割合も書いていきます。


大原則として、配偶者は常に法定相続人になります。配偶者の次に優先順位の最も高い人がいれば、その人が法定相続人になり、次の順位の人たちは法定相続人になりません。

まず第1順位は子供です。


一般的な家庭ではこのパターンになります。夫が亡くなった場合、妻と子供たちが相続するというパターンです。この場合の法定相続割合は妻が1/2、子供たちは合計で1/2になります。もし子供が二人いれば妻が1/2、子供がそれぞれ4/1ずつということになります。


そして第2順位は親です。

夫が亡くなった場合で、その夫婦に子供がいなければ、夫の親が相続人になります。

この場合の法定相続割合は妻が2/3、親が合計で3/1になります。もし夫の親が二人とも生存していれば、妻が2/3、夫の両親がそれぞれ6/1ずつということになります。


最後に第3順位は兄弟姉妹です。

夫が亡くなった場合で、その夫婦に子供がおらず、夫の親は既に亡くなっており、夫の兄弟姉妹はいるという状況です。


この場合の法定相続割合は妻が3/4、兄弟姉妹が合計で1/4になります。


法定相続割合という割合は、相続税額を計算する際や、遺留分というものを計算する際に用います。また後日書いてみます。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel