TVは捨てるべき

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。

何か大きな目標を達成したい時に、一番にやるべきことは「TVを捨てること」だと思います。

私自身が会計士試験を勉強していた時は、TVを捨てまではしませんでしたが、押し入れの奥に片づけて、1年くらいは出しませんでした。

そうすると、やるべきことをやらざるを得なくなります。

TVを観るという行為は物凄く非生産的な行為です。

①情報が垂れ流されていて、自分にとっては不要な情報が多い

観ていても、流れてくるのは大半は自分に関係の無い情報です。ネットニュースやYouTubeの方がはるかに情報収集の効率は良いです。

②情報の質が低い

吉本のニュースで話題になりましたが、ニュース番組のコメンテーターをお笑い芸人が多数務めているくらいです。

別にお笑い芸人をバカにするつもりは全くないですが、経済ニュースに関しては知見は一市民と変わらないでしょう。そんな人のコメント聞いても意味ありませんし、賢くもならないでしょう。

③ネガティブなニュースが多い

TVは視聴率を稼げそうなニュースを集中的に取り上げますが、ネガティブなニュースの方が視聴率が上がるらしいです。人間の心理として、ネガティブな情報に注目してしまうためらしいです。

ネガティブなニュースをひたすら聞いても、自分も暗くなるだけです。

心がざわざわして仕事に集中できなくなる可能性が高いので、自分に関係の無いネガティブなニュースは無駄に観ないようにしましょう。

昔、スマホゲームの会社の社員が就職説明会で「うちのゲームは高学歴の方はほとんどやりませんから」と言ったことが話題になりました。TVも同じかと。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel