Uber Eatsの副業をどう思うか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


最近、街中でUber Eatsのリュックを背負った自転車をよく見ると思います。


おそらく会社員が副業でやっていると思うのですが、個人的には最も避けるべき副業だと思っています。理由は以下の通り。



①ただの時間の切り売りになっている


何のスキルも身につかないので、先がありませんし、(仕組み良く分かっていませんが)時間単価もほとんど上がらないでしょう。

副業やるなら将来に繋がるものをやった方が良いかと。


②事故を起こすなどして怪我をするリスクがある


Uber Eatsは雇用契約ではなく、個人事業主らしいので、労災になりません。

もし事故など起こして本業を休まないといけなくなったりすれば大変です。


③事故を起こして、通行人にけがをさせるリスクがある


Uber Eatsは時給制ではなく、出来高制の個人事業主なので、いかに短時間で配達するかが課題となります。なので、猛スピードで自転車をこいでいるUber Eats配達員を見たことがあると思います。


元町商店街を自転車で爆走しているUber Eats自転車もあるくらいで、本当に危ないです。勝手に自損事故してくれるなら勝手にどうぞといったところですが、通行人を巻き込みそうになっているので止めて欲しいです。仮に事故を起こされても、その配達員が自転車保険に入っていればいいですが、そうでなければ補償能力も無い方が多いでしょう。皆様、気を付けましょう。



ダイエット目的メインでお金を稼ぐのは副次的目的とか、不動産投資をやるために街の様子を知り尽くしたいとかいう明確な目的があれば話は別ですが、、、

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

依存症は怖いですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 TOKIOのメンバーだった山口達也さんがまたもやお酒絡みで事件(事故)を起こし、逮捕されてしまいました。 マスコミでは前回の事件の時は「山口メンバー」という何とも微妙な呼称でしたが、今回は流石に「山口容疑者」として報道されていました。 昨日ニュースを見た時に、すごい衝撃を受けました。 飲酒で事件を起こし

報酬・料金

​Fee/Price

報酬・料金.JPG
アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel