top of page

現金取引のレシートも高性能スキャナを使って記帳を効率化

コピー機
クラウド会計"freee"は、ネットバンクやクレジットカードのデータを同期してオンラインでデータを取得し、自動で仕訳を起こせるというのが最大の強みですが、どうしても現金取引は発生してしまいます。ですが、これまで手作業で集計していたレシートも、スキャナを使えば効率的に記帳することが出来ます。
実際にスキャナでレシートを読み取る際のYouTube動画がありましたのでご覧ください。
​(こちらのスキャナは最高クラスなので、ここまで早いのは値が張ります)
スキャナで読み取ったデータをfreeeに取り込むと、日付と金額はほぼ正確に読み取り、自動でデータ化してくれます。
​また、勘定科目についても、お店の名前などから推測してくれます。
具体的に、元町の回転寿司屋でお客さんと食事をしたレシートを読み取ってみました。
(スキャナだけでなく、スマホカメラでの撮影でも読み取ることが出来ます)
freeeレシート.jpg
​左のレシートを読み取ったとすると、freeeのPC画面上では左下の画面のようになります。日付と金額は正確に読み取ってくれていますし、勘定科目も「交際費」を推測してくれています。
​問題なければ、このまま登録します。
freeeレシート(PC画面).GIF

一方、右側の画面はスマホアプリの画面です。実はfreeeはスマホアプリもあり、スマホでも様々な処理やデータ閲覧が出来ます。

使い方の一例として、お店や自宅でスキャナを使って一気にレシートを読み取り、電車移動中にスマホアプリでレシートをさばき、時間を有効活用することが出来ます。

freeeレシート(スマホ).jpg
freee認定アドバイザー4つ星(青).png
焼き立てパン
顧問税理士をお探しの​
個人事業主の方
集中作業
顧問税理士をお探しの​
法人企業の方
確定申告
決算・申告を丸投げしたい申告期限間近の個人・法人の方
freeeロゴ2.GIF
 クラウド会計freeeへの乗換を
検討中の個人・法人の方
サポートデスクに電話
顧問税理士の変更を
検討中の個人・法人の方
ラウンド建物
 連結財務諸表の作成に
​お困りの法人の方
電卓と男性
グループ通算制度の導入を
検討中の法人の方
会計書類
英文財務諸表の作成に
​お困りの法人の方

まずは​お気軽に

お問い合わせください

expert_logo_kaikei.png
bottom of page