こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


「ユダヤ人大富豪の教え」の1と2を読み終えました。

色々と心に響きましたが、特に響いたのは「ミリオネア・メンタリティを持つこと」という教えです。


自分がある程度豊かになったという前提で行動してみるべきという教えです。


これってビジネスマンで言うところの「役職が人を作る」という教えとすごく似ていて、その器に見合うように自分を高めていくというような考え方です。


お金の面でもセルフイメージを高く持つことで幸せ・成功・富を引き寄せることができるというもの。


あまりケチケチせず、使う時には使うべしということも大事かなと思わせてくれた本でした。

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


お盆休みが始まりました。


今日は、朝から歯医者に行って、昨日ピザを食べているときに取れてしまった詰め物を取り付けに行ってもらい、午後からは本を読み、夕方にはジムに行き、ジム終わりに焼き肉を食べるという1日。


とりあえず『ユダヤ人大富豪の教え』の1作目は読み終えましたが、2作目はギリギリ読み終えてないので、それを読み終えたら書評を書いてみようと思います、


多分明日になります。

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


消費減税の議論が出ていますが、岸田政調会長が「消費減税は反対です」との声明を出しました。


消費税は広く国民に課す税金ですが、これを減税すれば国民の消費マインドにかなり大きな効果があります。


私は消費税の減税は必要だと思っています。

いったん0にまで下げて2年くらいは景気回復を待つのが良いですね。



別の観点ですが、税理士業務でも痛感していますが、消費税の負担はとても大きいです。


個人事業として開業してから2年間は消費税の納税義務がなく、(1年目で売上1,000万円を超えた方のみですが)3年目から消費税の納税義務が出てきます。


そうすると、税負担が100万円近く増える方も出てきますので、法人化してまた2年間消費税の納税義務から逃れる方が大半です。


これは益税のメリットを失うことによる負担増ですが、それくらい影響が大きいということです。


消費税の納税義務が無ければ、何の努力をしなくても売上が10%増えるので、逆に言うと、消費者はその分負担を強いられているというわけです。

報酬・料金

​Fee/Price

報酬・料金.JPG
アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel