top of page
  • 安田 亮

納税証明書の即時交付について

おはようございます!代表の安田です。


国税庁から、納税証明書の交付手続きにおいて重要な変更のお知らせがありました。


納税証明書とは

納税証明書は、納税者が税務署に対して納税を完了したことを証明する公的な文書です。これは、公共事業の入札や金融機関の融資申請など、さまざまな場面で必要とされます。


通常の交付プロセス

通常、納税証明書の交付は、納税が完了し、その情報が金融機関から税務署に通知されるまでに1週間程度かかることがあります。このプロセスは、納税者が実際に納税を完了してから税務署にその情報が届くまでのタイムラグが原因です。


新たな即時交付対応

最新の対応により、納税者が納税関連の領収証書の原本を税務署に直接提出することで、通常の待ち時間を待たずして即時に納税証明書を受け取ることが可能となりました。これは、緊急に納税証明書が必要な場合に非常に役立ちます。


注意点

ただし、領収証書のコピーまたはデジタル画像の提出は受け付けておらず、原本の提出が必須であることに注意が必要です。


この新しい即時交付の対応は、納税証明書が緊急に必要な事業者にとってとてもありがたい措置と言えます。適切な書類を準備しておくことで、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。


神戸 税理士 確定申告 顧問契約 会社設立 freee

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page